「本能的に賢い」とかつてソロモン王は動物のことを述べました。 播磨地域の中で観察し理解を深めて生活に役立てていければ幸いです。


by marujam

<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

*****ありがとう*****

あと2羽を残して北へ旅立っていったようです。

2013年11月~2014年2月。美しき冬の使者。*****ありがとう。

残していった忘れ物に奇跡のような気品がありました。

f0215969_15312460.jpg

f0215969_14442871.jpg

f0215969_1444663.jpg

f0215969_14393195.jpg

f0215969_14391153.jpg

f0215969_1682550.jpg

f0215969_1693324.jpg

f0215969_168051.jpg

by marujam | 2014-02-25 16:09 | Foveon X3
今年の2月****本当に厳しい真冬を体感しています。
冬が好きな私でも*****春が待ち遠しくなりました。
網引の踏切のプレートの言葉が心に残りました。
もうすぐ春******頑張ろう
f0215969_842070.jpg

by marujam | 2014-02-19 08:03 | 北条鉄道

北条鉄道を飾る雪

見慣れないシーンには新鮮な感動があります。
大雪のおかげで北条鉄道も飾られました。
おもてなしの駅の特徴*****駅長さんの振る舞いが変わらないこと。
*******ありがとうございます。
おそらく、受けるより与えることに幸福を感じておられるのでしょう。
f0215969_13313881.jpg


ただ、気温の変化が大きいので体調管理を忘れずに*****
男は背中で語るもの*****
f0215969_1695771.jpg

見えない乗客
あなたに乗客がイメージできたでしょうか?
撮影日時2014/02/08 7:44:49
f0215969_13281832.jpg

一瞬、北国に一変した法華口駅より
f0215969_10233051.jpg

f0215969_10132928.jpg

f0215969_101206.jpg

f0215969_1018860.jpg

f0215969_10142947.jpg

f0215969_1015242.jpg

f0215969_10125734.jpg

by marujam | 2014-02-08 10:16 | 北条鉄道
私の暮らしている地域*****とても暮らしやすく良い土地です。
北条鉄道、白鳥の最南端飛来地、穏やかな風土****いいものです。
ただ、最近感じるのは***身近に良い影響を受け感謝すべきものを軽視する傾向がある人がいること。
残念です。独りよがりの行動、言動はやはり慎みがないと思います。
できれば感謝を言葉と態度で******マナーを守りましょう。
そう自覚して私個人もブログしていたつもりでした。
しかしながら、広い意味で反省しているところです。

ただ、指導する人の謙遜さ、道理をわきまえた態度は大切です。
管理していると自負している方も考えを調整する必要もあるのではないでしょうか?
なぜなら、誰ひとりパーフェクトな人は存在しないからです。
特に、大切なものを世話をするにあたり本当に地域のことを考えていたのか?
独りよがりではなかったのか?自問してもいいのかもしれませんね。
実際に、その人が行うことが模範になってしまうからです。
しかし、環境を愛し守りたいという誠実な思いから厳しい対応になることがあることも理解すべきです。
なぜでしょうか?*******大切なものを守るため当然ではないでしょうか?

白鳥を撮影する人はその環境に適した振る舞いが求められるのです。
もし、できないのであれば立ち入るべきではないでしょう。
認識不足で注意されたなら謙遜に改めれば良いことです。
いずれにしても平和を追い求めていきましょう。


***********わたし個人も深く反省するべきだと考えております。
******お互いに自分勝手な言い訳はやめましょう。

f0215969_1791464.jpg

f0215969_10465968.jpg

f0215969_14285291.jpg

加西中学校付近の池
f0215969_1422717.jpg

北条高校付近
f0215969_14325286.jpg

☆田んぼから飛び立つシーン
f0215969_12545959.jpg

☆鴨池の忘れ物
f0215969_12362885.jpg

☆神戸電鉄 樫山-市場
f0215969_11361343.jpg

by marujam | 2014-02-02 11:35 | 身近な風景